ぼっちの悩み

ぼっち社会人必見!シチュエーション別飲み会の誘いの断り方

飲み会の断り方

 

  • 会社の飲み会に行きたくない
  • みんなの盛り上がりについて行けない
  • お酒飲めないし、無駄なお金を使いたくない

 

こんな悩みに答えます。

 

社会人で会社や組織に所属していると、飲み会に誘われることが多いと思います。しかし、普段からぼっちの人にとっては、このイベントはかなりの強敵で、できることなら参加したくない人が多いと思います。

 

そこで、今回は、9年間ぼっちの僕が、普段から使っている嫌われない飲み会の断り方をシチュエーション別にご紹介します。

 

脱力怠惰
飲み会の断り方のレパートリーを増やしとこ!

 

本記事の内容

  • ぼっちが飲み会に参加しない方がいい理由
  • シチュエーション別飲み会の断り方
  • 飲み会の誘いを断る時の注意点

 

この記事を書いた人

脱力怠惰 プロフィール

 

飲み会に行きたくなくて悩んでいる人は、
飲み会のベストな断り方を知って、少しでも気が楽になれば嬉しいです。

 

飲み会は断っても大丈夫。コミュ障ぼっちが飲み会に参加するべきではない理由

飲み会

 

みなさんは、「飲み会は断ったらダメ。」だと思っていませんか?確かに、仕事の接待などがある場合は断れないかもしれませんが、基本的に飲み会は全部断っても問題はありません。

 

ぼっちの僕は、大学時代・社会人時代は飲み会は基本的に全部お断りしてきました。

 

参加したことがないわけではありませんが、自分が行きたくない飲み会への参加はストレスが溜まりまくるので基本的に行かないスタンスをとっていました。

 

断ったからと言って、特に嫌われたりとか仕事がしにくくなったということは全くありませんでした。

 

仕事とプライベートは全く別物ですし、大学時代のクラスの飲み会に参加しなくても、元々ぼっちだから普段と変わらない生活を送るだけです。

 

なので、行きたくない飲み会は遠慮せずお断りしましょう。

 

飲み会の誘いの嫌われない断り方のポイント

まずは、嫌われない飲み会の誘いの断り方のポイントを押さえておきましょう。

 

飲み会の誘いを断るポイントは大きく3つです。

ポイント

  • 曖昧な回答はしない
  • ダラダラと言い訳をしない
  • 誘われたことに関しては感謝の意を伝える

 

この3つのポイントを押さえて、以下の断り方を実践していくことで嫌われずに済みます。

 

コミュ障ぼっちが"当日"に飲み会に誘われた時の断り方6選

当日に飲み会に誘われた場合はどのように断ったらいいのでしょうか?見ていきましょう!

 

体調不良を理由にする

体調不良を理由にするのは効果的です。無理して飲み会に行くと次の日の仕事に影響してしまう可能性もあるので、スムーズにお断りすることができます。

 

ちょっと風邪気味で」とか「昨日ちょっと寝不足で頭が痛いんです」ぐらいの感じでいいかと思います。

 

お金がないことを理由にする

大学生や20代の社会人はお金がない人も多いでしょう。その場合にはお金がないことを理由にするのも効果的です。

 

ただ、社会人一年目の人に関しては、上司が奢ってくれる場合もあり、これは使えないかもしれないので違う断り方をしましょう。

 

頼んでいた宅配便が届くことを理由にする

宅配便はオタクにとっては、何よりの楽しみだったりもします。置き配なんかもありますが、どうしてもその荷物をリアルタイムで受け取りたいんだという熱い気持ちをぶつけたら理解してくれることでしょう。

 

ドクターストップがかかっていることを理由にする

僕は、一時期うつ病になっていた時期がありました。その時に薬も飲んでいたので、「お酒は控えてくださいと病院の先生に言われているため、ごめんなさい」という理由で断っていました。

 

他にもいろんなドクターストップがあると思うので、自分の中にストックを持っておくといいかもしれません。

 

ジムに通っていることを理由にする

運動が好きな人は当日に誘われたら、「今日はジムの日なのでごめんなさい」と伝えるといいです。ジムに通っているということはダイエットも兼ねているので、ダイエット中だったら仕方ないなと思わせることができます。

 

資格取得のため時間がないことを理由にする

これは、実際にぼっちにおすすめなのですが、ぼっちは資格取得をおすすめします。

 

飲み会の誘いを断る理由にもなりますし、将来的に1人で自由な生活を送るためには、自分自身が何かしらの資格や特技を持っていると有利です。

 

資格は自分の好きなことや身近なところから始めていくことをおすすめします。

 

コミュ障ぼっちが"事前"に飲み会に誘われた時の断り方5選

次は、事前に飲み会に誘われた場合の断り方を見ていきましょう!

 

全くお酒が飲めない

僕は、お酒自体が苦手で、よく使っていました。お酒を飲めないと飲み会に行っても楽しめないので、正直に言ってしまった方がいいです。

 

ダイエット中である

「ジムに通っている」と合わせて、ダイエット中であることを伝えたら納得してもらえる確率が高いです。

 

先約が入っている

ぼっちには先約なんて98%入らないですが、家族タイムなど無理矢理にでも先約を入れるといいと思います。

 

家庭の事情を伝える

奥さんや子供がいる場合は、その事情を伝えると断りやすいです。僕が勤めていたところでも、普段飲み会大好きな人でも、奥さんには敵わない様子で、残念だけど行けないと言っていました。

 

シンプルに「行きたくない」と伝える

これが、一番シンプルで効果は高いと思います。言い訳を考えていると、「今言い訳考えてるだろ」と思われてしまうこともある場合があります。

 

僕は、同僚にも大学時代の知人にも、飲み会が苦手ということが知れ渡っていたので、最初の何回かは誘われていましたが、徐々に誘われることもなくなりました。

 

誘われることがなくなると、断るという行為もしなくて良くなるのでとても気持ちが楽になりますよ。

 

 

【注意!】コミュ障ぼっちがやってはいけない飲み会の断り方

ここまで嫌われない断り方をご紹介してきましたが、逆にこれやっちゃうと嫌われちゃうかもしれないよという断り方もあるのでご紹介します。

 

曖昧な回答をしてしまう

行くかもしれないし、行かないかもしれない。とか、曖昧な回答をするのはすごく嫌われます。なぜなら、幹事の人がお店を予約するので、人数が確定しないと困るからです。

 

後々になって、やっぱり行かないとなると印象も最悪で仕事にも影響する可能性があるので、行きたくない場合は、最初からその旨を伝えるようにしましょう。

 

露骨に嫌な顔をする

行きたくないというのを表情で伝えて、相手に察してほしいと思うぼっちも多いかもしれません。

 

ですが、必要最低限のコミュニケーションとして、そこはちゃんと相手に言葉で伝えるようにしましょう。

 

 

コミュ障ぼっちが飲み会の誘いを断れず、仕方なく参加する場合の過ごし方

どうしても、飲み会の誘いを断れず、参加してしまうこともあるかと思います。

 

僕も、行きたくない飲み会でも何度か参加したことがあります。そんな時は、どう過ごせば良いのか、僕なりのおすすめの過ごし方をお伝えします。

 

自分の席の位置を最重要課題とする

まず、一番重要なのは、「自分の席の位置」です。お笑い芸人のザキヤマさんみたいな人の隣になってしまうと地獄なので、自分にとって一番害のなさそうな大人しめな人の隣に座ることを意識しましょう。

 

あとは、トイレや出入り口に近い場所を取るのも大事です。みんなが盛り上がっていて、自分だけが会話に入れないことも多くあるので、その時はそっとトイレに逃げ込みましょう。

 

料理を楽しむ

次は、「料理を楽しむ」です。せっかくお金を払ってきているのですから、美味しいものぐらいはいっぱいいただきましょう。

 

料理に夢中であることを示すと、会話の中にも無理に入らなくて済みますし、主催者も自分が選んだお店の料理を美味しくいただいてもらうだけで嬉しかったりもします。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

飲み会嫌いな人は世の中には結構いっぱいいます。ぼっちでなくても、今の若い子たちは行きたくない人が大半でしょう。

 

飲み会に誘われても行きたくなければ断って大丈夫なのです。嫌々ながら誘いを断れず、嫌々ながら参加しても何も楽しくありません。時間は有限です。プライベートは自分の好きなことに使うのが一番ですよ。

-ぼっちの悩み