ぼっちの悩み

職場ぼっち必見!「辞めたい」「辛い」状況から抜け出す10の方法

職場ぼっちから脱出する10の方法

 

  • 職場でぼっちになって「辛い」「辞めたい」
  • 職場ぼっちの抜け出し方が知りたい
  • 職場ぼっちにはデメリットしかないの?

 

こんな疑問や悩みに答えます。

職場ぼっちになると確かに辛いことが多いですよね。

 

この記事では、「今すでに職場ぼっちの人」、「これから社会に出て職場ぼっちになりたくない人」に向けて、職場ぼっちから抜け出す10の方法をお伝えします。

 

脱力怠惰
職場ぼっちから抜け出せたら、今より仕事が楽しくなるかもね

 

本記事の内容

  • 職場ぼっちのメリット・デメリットについて
  • 職場ぼっちで「辞めたい」「辛い」状況から抜け出す10の方法
  • 【職場ぼっちからどうしても抜け出せない方へ】幸せになる最強の方法

この記事を書いた人

脱力怠惰 プロフィール

この記事を読んで、少しでも心が軽くなったり、辛い状況から抜け出してもらえたら嬉しいです。

 

目次

職場ぼっちのメリット

メリット

職場ぼっちになってしまうと辛いことばかりだと思うかもしれませんが、意外とメリットもあります。ここでは、職場ぼっちになるメリットを6つご紹介します。

メリット

  1. 苦手な飲み会に誘われることがない(少ない)
  2. 休日や仕事終わりに自分の好きなことができる
  3. 休憩時間にしっかり仮眠を取ることができる
  4. 苦手な人と関わらなくて済むので気が楽
  5. 結婚式などのイベントも断りやすくなる
  6. 1人でテキパキと仕事がこなせたら評価が上がる

 

メリット①:苦手な飲み会に誘われることがない(少ない)

職場ぼっちになると、歓迎会や新年会など、ほぼ強制参加の飲み会は誘われることがあるかもしれませんが、普段の仕事終わりに同僚や上司から飲みに誘われることがありません。

ぼっちが飲み会に参加しても、端っこで1人で飲むか、無理矢理、会話に入らされて愛想笑いしかできないので、行かないほうが無難です。

 

飲み会に参加しないということは、その時間を自由に使うことができるということです。

また、1回の飲み会で3000円〜6000円くらい使ってしまうので、そのお金を自分の好きなことに使えると考えたらとてもいいですよね!

 

ただし、「職場ぼっちになりたくない」「必要最低限のコミュニケーションは取りたい」と考える人は、1回くらいは参加しておくのもアリです。

 

メリット②:休日や仕事終わりに自分の好きなことができる

先ほどの「飲み会に誘われない」という部分にもつながりますが、ぼっちは、仕事終わりや休日に職場の人と遊ぶことがないので、自分の好きなことができます。

趣味ややりたいことを極めるのもいいですし、将来のことを考えて、副業に取り組める時間がたくさんあるのもいいですよね!

 

メリット③:休憩時間にしっかり仮眠を取ることができる

昼休みは、誰かと話をしたい人もいるかと思いますが、午後に備えて仮眠を取ることができるのも職場ぼっちのメリットです。

15分程度の仮眠は、集中力をアップするという実験結果も出ていますので、積極的に仮眠を取ることをおすすめします。

 

メリット④:苦手な人と関わらなくて済むので気が楽

社会に出ているほとんどの人が、職場内に1人や2人くらい苦手な人がいるのではないでしょうか?

ぼっちは普段から誰とも関わらないので、苦手な人がいても関わらなくて済みます。

仮に、中途半端に人間関係を構築していたら、苦手な人とも関わらないといけない状況になってしまうので注意が必要です。

 

メリット⑤:結婚式などのイベントも断りやすくなる

ぼっちは、結婚式や飲み会など人が多く集まるイベントが嫌いな傾向があります。

中には、ぼっちではない人でも、結婚式や飲み会には参加したくないという人もいるでしょう。

ぼっちは、普段からそういう場には行かないということを示せるので、比較的断りやすくなります。

 

メリット⑥:1人でテキパキと仕事がこなせたら評価が上がる

会社に所属したら、チームで仕事をする場合が多いと思います。しかし、作業自体はもちろん個人でやります。

ぼっちは学生時代から自分でググったり、本で調べたりする力が身に付いているので、1人でテキパキと仕事をこなすことができれば、チーム内の評価も一気に上がるでしょう。

 

職場ぼっちのデメリット

デメリット

職場ぼっちにもメリットがあるとはいえ、やはり、デメリットもあるのが事実です。ここでは、主なデメリットを4つご紹介します。

デメリット

  1. 聞きたいことを気軽に質問できない
  2. 人によってはストレスを抱え込みやすい
  3. 期待されることがなく、モチベーションが下がる
  4. 強制参加の飲み会やイベント等での居場所がない

 

デメリット①:聞きたいことを気軽に質問できない

職場ぼっちになると、気軽に質問できる人が周りにいないので、同僚や上司に質問するたびに緊張してしまいます。

質問するのも億劫になってしまい、仕事が滞ってしまうという状況に陥ってしまう可能性があります。

 

デメリット②:人によってはストレスを抱え込みやすい

やはり、ぼっちはいつの時代、どの場所でも孤独感を味わうことになります。1人が好きな人にとっては居心地がいいかもしれませんが、ストレスを抱え込みやすい人の方が多いでしょう。

また、メンタルが弱い人はストレスを抱え込んでしまい、病気になる可能性も高いです。

職場にいるのがしんどくなって、同僚にも相談できない場合は、外部のカウンセラーでもいいので相談するようにしてください。

 

デメリット③:期待されることがなく、モチベーションが下がる

ぼっちでコミュ力がないと、どうしても周りから期待されなくなってしまいます。

チームでする仕事で非協力的に思われるぼっちには雑用などの仕事が任せられ、モチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

 

デメリット④:強制参加の飲み会やイベント等での居場所がない

メリットの方でも解説しましたが、ぼっちはほとんど飲み会には参加しません。しかし、断りきれない性格の人や、ほぼ強制参加の飲み会やイベントもあります。

そういった場面での居場所がないのでかなり辛いです。

 

職場ぼっちになってしまう原因

では、職場ぼっちになってしまう原因は一体なんなのでしょうか?

職場ぼっちになってしまう原因としては、大きく以下の2つが考えられます。

挨拶をしない、暗い

自分で壁を作ってしまっている(自己開示しない)

 

原因①:挨拶をしない、暗い

1つ目の原因は、職場で挨拶をしない、暗くて人を寄せ付けないオーラを放ってしまっていることです。

挨拶は保育園・小学校から習う、人間が生きる上での最も基礎的なコミュニケーションということは理解していると思います。

ただ、コミュ障ぼっちは、挨拶をすることすらなかなかできません。

自分では挨拶しているつもりでも、「声が小さすぎて届いていない」「下を向いて挨拶している」など、相手に伝わらない挨拶になってしまっている可能性が高いです。

職場ぼっちになりたくない方は、まず「挨拶」から意識してやってみてください。

 

原因②:自分で壁を作ってしまっている(自己開示しない)

2つ目の原因は、壁を作って自己開示をしていないことです。

誰しも最初は、緊張でなかなか人と話せないことはあるかもしれませんが、心を開いたら、普通に話すようになるのが一般的です。

しかし、職場ぼっちになってしまう人は、他人との壁を作ってしまっていて、「話しかけないでオーラ」を出してしまっている場合が多いです。

自己開示をすることで、相手に親近感を与えることができたり、「この人に話しかけてもいいんだ」という印象を与えることができるようになります。

 

職場ぼっちで「辞めたい」「辛い」状況から抜け出す10の方法

職場ぼっちから抜け出す10の方法

ここでは、今現在も職場ぼっちで、仕事を「辞めたい」「辛い」と思っている方に向けて、その状況から抜け出す方法を10個ご紹介します。

職場ぼっちから抜け出す10の方法

 

方法①:一番害がなさそうな人に声をかけてみる

まず、リスクを減らして職場ぼっちを回避する方法は、自分にとって一番害がなさそうな人を見つけて声をかけてみることです。

どの職場にも、見るからに優しそうな人や、大人しそうな人はいるはずです。

最初からコミュ力お化けの陽キャに話しかけるのはハードルが高いと思いますが、

このような方であれば、話しかけても優しく返事してくれる場合が多いので、勇気を持って話しかけてみてください。

 

方法②:自分に少しでも興味を持ってもらえるように、しれっとアピールする

自分から話しかけることができそうにない人は、ちょっとずつ自分に興味を持ってもらえるように、しれっとアピールしていく方法もおすすめです。

例えば、

  • デスクに自分の趣味の置物を置いたり
  • スマホのカバーケースや待受を自分が好きなものに変えてみる

ことです。

それを見た人が、自分と同じ趣味を持っていたら、相手の方から話しかけてくれる場合があります。

 

注意点としては、自分がアニメ好きだからといって、あまりにもオタク感を出したものをアピールすると、「やっぱりね」という印象を与えてしまうので、

ここはあえて、意外性のある趣味をアピールするのがおすすめです。

 

方法③:会社内に自分と同じようなぼっちがいないか探してみる

社員の人数がが多い会社に勤めている場合は、いろんな人がいます。

つまり、自分と同じようなコミュ障やぼっちの人も、探せばいくらでもいるわけです。

同じ境遇にいる人を見つけると、安心感や親近感が沸きます。

同じ部署ではないかもしれませんが、気楽に話すことができる人が1人でも見つかると、悩みがスーッと軽減されるようになります。

 

方法④:同僚からちょっとだけ喜ばれるようなことをしてみる

無理にコミュニケーションを取らなくても、相手から喜ばれるようなことをすると、「この人良い人かも!」という印象を与えることができます。

例えば、

  • 戸締り当番じゃないけど、不要なところは、閉めてあげる
  • ゴミ当番じゃないけど、ゴミ捨てをする
  • 残業で頑張っている人に飲み物を渡してあげる

などが挙げられます。

決して無理しない程度で、些細な積み重ねが職場ぼっちから抜け出すことにつながります。

 

方法⑤:何かしらイメチェンしてみる

今の状況を変えたいのであれば、イメチェンしてみるのもアリです。

イメチェンと言っても、ぼっちがいきなり髪色を金髪にするのはなかなか勇気がいるでしょう。(というか無理に近いでしょう)

おすすめのイメチェンとしては、

  • 普段メガネの人がコンタクトにしてみる(逆もあり)
  • 普段持ち歩いているカバンを変えてみる
  • スマホケースを変えてみる
  • ネクタイを変えてみる

などなど、小さい部分のイメチェンから始めてみるのがいいでしょう。

 

方法⑥:辛いことや辞めたい理由を一度全て紙に書き出す

職場ぼっちが「辛い」「辞めたい」と悩んでいる人は、意外と曖昧な理由である場合が多いです。

ただ、辛くて辞めたいというのではなく、「なぜ辛いのか?」「どうして辞めたいのか?」という理由を、全て紙に書き出して可視化します。

こうすることで、自分が悩んでいる根本的な原因がわかり、対策ができるようになります。

 

「職場ぼっちだから辛い」というだけでなく、「職場ぼっちだと、なぜ辛いのか?」ということも考えてみましょう!

 

方法⑦:とりあえず笑顔と挨拶の練習だけしておく

コミュ障の人は、とりあえず笑顔と挨拶の練習だけはしておくことをおすすめします。

会話は苦手だったとしても、挨拶であれば文言も決まっていますので発することさえできれば大丈夫です。

また、笑顔でいるだけで自然と印象がよくなりますよ!

 

方法⑧:自己開示していく

人と仲良くなるには自己開示することが効果的だと言われています。

自己開示するときにやってはいけないことは、自分を良く見せようと話を盛ってしまったり、自慢ばかりすることです。

 

自己開示するときは、仕事とは無関係な話をするのがおすすめです。

時には弱みを打ち明けることも大事ですが、あまりにもイメージがマイナスになるようなプライベートの話をするのは控えましょう。

 

方法⑨:カウンセリングを受けてみる

どうしても1人では悩みが解決しない場合は、カウンセリングを受けてみてください。

カウンセリングを受けて良いアドバイスをもらい、悩みが解決できたら一番良いですが、すぐに解決できないかもしれません。

でも、誰かに自分の思いを打ち明けることで、心がスッキリします。

 

僕も、うつ病になった時はカウンセリングを受けていましたが、ちょっとずつ良くなっていったので、効果があったと思います。

 

方法⑩:思い切って職場環境を変えてみる

どうしても、今の職場では辛い状況が改善しないこともあるかもしれません。それは、あなたのせいではなく環境が悪いことも理由として考えられます。

その場合は、無理して同じ職場に居続けず、転職を考えてみてください。環境を変えてみると、また違った景色を見ることができて変わるかもしれません。

 

とはいえ、「職場を変えたところで、どこに行っても自分はぼっちになってしまう」という人もいるかもしれません。そんな方のために、次の項で「ぼっち」を抜け出さずに生き抜く方法を教えます。

 

それでも職場ぼっちから抜け出せなくて悩んでいるなら

ここまで、10個の職場ぼっちを抜け出す方法をご紹介してきましたが、それでも職場ぼっちから抜け出せない人も多くいることかと思います。

僕は、「ぼっち」ということを逆にメリットとして考えて行動したことで人生が好転しました。

無理にぼっちから抜け出さなくても幸せになれる方法をお伝えします。

 

他に意識が向かないほど夢中になれるものを見つける

ぼっちを抜け出すのが不可能の人は、逆に、ぼっちでいることが気にならなくなるくらい、夢中になれるものを見つけるのもいいかもしれません。

僕は、ブログを書くことにハマったので、休憩時間や休日もとにかくずっとブログを書いていました。

ぼっちの人がブログをするメリットはたくさんあって、ここでは紹介しきれないので、詳しくは以下の記事を見てほしいのですが、

>>> ぼっちがブログを始めることをおすすめする理由

人間は、本当にやりたいことを見つけると、最強になれます。時間を忘れてそのことだけを考えるようになり、他に意識が向きません。

もちろん、仕事中は仕事に集中しないといけないかもしれませんが、夢中になれるものを見つけると、人生が好転することもあるのでぜひ、試してみてください。

 

真のぼっちを極める

真のぼっちを極める」ことで人生が好転することを、まだ知らない人が多すぎます。

僕は、どうしても人と関わることが苦手だったので、それなら、1人で生きていけるように、とことんぼっちを突き詰めようと思い行動をしました。

 

このブログのコンセプトでもある、「ぼっちで気楽に生きていく」というのは、

ぼっちでも周りの視線や評価を気にしないメンタルスキル、ぼっちでも楽しめる生活スキル、会社に所属せずとも自分の力で稼いでいく、ぼっちの稼ぐスキルを身につけることです。

 

人間関係に一生悩まされ続けたくなければ、真のぼっちを極めて、1人で気楽に生きていく方法もあるということを知っておいてください!

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、職場ぼっちで悩んでいる方向けに、職場ぼっちの抜け出し方について解説していきました。

やはり、職場でぼっちというのは結構きつい部分が多いです。僕も同じような悩みを抱えていました。

職場ぼっちから抜け出すことを考えるのもいいですが、それがどうしても難しいというのであれば「ぼっちを極める」という方法も幸せをに生きる一つの方法です。

 

 

-ぼっちの悩み