ぼっちの悩み

退職代行サービスとは?メリット・デメリットや利用の流れについて徹底解説!

退職代行サービスとは?

 

  • 今すぐ仕事辞めたいけど言い出しづらいなぁ。
  • 新卒入社でまだ入ったばかりだけど、すぐに辞めれるのかな?
  • うつ病になってしまって、もう会社には出勤できない。。

 

こんな疑問や悩みに答えます。

 

結論から言うと、
退職のことで悩んでいるのであれば、

退職代行サービス」を利用すると一発で解決します。

 

退職代行サービスを使えば、
自分自身が会社に行ったり電話したりすることなく、すぐに退職することができます。

 

脱力怠惰
僕は実際に公務員を辞めるときに、退職代行についてたくさん調べたし、問い合わせもしたことあるから、みんなにわかりやすく教えるね!

 

おすすめ退職代行業者

最も申し込み数が多い退職代行SARABA
追加料金なし!全額返金保証!即日退職可能!で料金が24,000円と破格です。

\まずは無料相談へ/

「退職代行SARABA」公式サイトへ

 

本記事の内容

  • 退職代行とは?利用するメリット・デメリットについて
  • 退職代行の相場や利用の流れについて
  • おすすめ退職代行ランキングTOP3

 

この記事を書いた人

脱力怠惰 プロフィール

 

退職代行サービスについて知ると、退職へのハードルがグッと下がり、安心して退職することができるようになります。

手続きも案外簡単にできますので、退職代行に興味がある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは?

 

退職代行サービスとは、一言でいうと、自分の代わりに退職の手続きを行ってくれるサービスのことです。

 

サービス内容は業者によってさまざまですが、基本的に会社(上司)へ退職の意思を伝えるところから、アフターフォローまで対応してもらえます。

 

ココがおすすめ

依頼者(自分)は退職代行サービス業者と打ち合わせをして、あとは自宅で待つだけで退職の手続きが完了する

 

 

退職代行の利用を考えている人は40%を超えている

退職代行の利用を検討している人が40%を超えている

退職代行サービスは、最近新しくできたサービスだと思われがちですが、実は10年以上前から存在します。

その頃は、退職代行サービスの専門業者というわけではなく、弁護士の業務の一環として、「未払い残業代請求」といった問題が発覚したときに労働者の代わりに退職手続きを行っていました。

 

しかし、2018年頃から退職代行サービス業者が本格的に始動して、多くの方が利用するようになりました。今では、退職代行サービスを利用するのも一般的となり、昔よりも利用のハードルが下がってきています。

 

日本労働調査組合が実施した「退職代行サービスに関するアンケート調査」では、退職代行サービスを認知している人は全体の60%でそのうちの40%以上の方が利用を検討しているとのことです。

 

脱力怠惰
退職代行サービスってかなり一般的になってきているみたいだね

 

退職代行を利用するメリット

退職代行を利用するメリットとしては、もちろん面倒な手続きを全て代行してくれるということですが、他にも利用者側にとってメリットとなることがたくさんあります。

 

メリット

 上司と会わずに退職することができる

即日退職が可能である

心に余裕ができる

有給取得交渉もしてもらえる

 

それでは、退職代行を利用するメリットについてそれぞれ詳しく見ていきましょう!

 

上司と会わずに退職することができる

まず、退職する際に立ちはだかる大きな壁として、「上司へ退職意思を伝える」ことが挙げられます。

 

やはり、何らかの精神的な問題や身体的な問題があって辞めることになると思いますが、辞める原因が上司である可能性もありますよね。そんな状況で上司に直接、辞めることを伝えるのは心理的にきついことでしょう。

 

脱力怠惰
上司に伝えるのが一番ハードル高いよね〜

 

しかし、退職代行を利用すると、退職代行業者によって退職の意思が伝えられ、その後も、上司と一切会うことなく辞めることが可能です。

 

ココがおすすめ

辞めることを上司に直接伝えなくていい!

 

即日退職が可能である

退職する際の2つ目のハードルとして、退職する意思は伝えたけど、引き止められてしまい、ズルズル仕事が長引いているという方も多くいるのではないでしょうか?

 

退職は労働者の権利であり、会社の都合で引き止めることはできません。法律により、退職願を提出してから2週間後には退職することができます。

 

脱力怠惰
退職願を出してから2週間後までは出勤しなければいけないの?

 

退職願を出した後は出勤しなくても、有給を使って会社を休むことができますし、有給を使わなくても辞めることが確定している場合は、欠勤という形になるだけですので会社に無理やり行く必要はないのです。

 

ココがおすすめ

辞めたいと思ったらすぐに辞めれる!

 

心に余裕ができる

退職を考えている時というのは、精神的にも追い込まれている場合が多いです。

 

脱力怠惰
スムーズに退職できるのかな?退職した後はどうなるんだろう?不安で寝れないよ

 

このように、退職について自分一人で悩んでいると、スムーズに退職できるのかどうかとか、退職した後の不安というのも付きまといます。

 

退職の手続きを任せることができれば、自分自身は休養に時間をあてることができ、心に余裕を持つことができるようになります。また、心に余裕が出てきている状況であれば、次の転職活動もスムーズに進めることができます。

 

ココがおすすめ

心に余裕ができるから次に進みやすい!

 

有給取得交渉もしてもらえる

会社によっては、有給取得を認めないところもあります。また、上司へ有給を消化する旨を伝えられない方も多いのではないでしょうか。

 

退職代行サービスでは、有給取得の交渉も行ってもらえるため、安心して残りの有給を消化することができます。

 

脱力怠惰
せっかく有給残ってるなら使わずに辞めるのはもったいないよね!

 

ココがおすすめ

有給取得交渉もしてもらえる!

 

退職代行を利用するデメリット

先ほど退職代行を利用するメリットをご紹介しましたが、退職代行を利用するデメリットはないのか?という疑問もあるかと思います。

 

結論から言うと、デメリットはあります。

 

デメリット

退職代行サービスを利用するのに費用がかかる

職場の人に悪い印象を与えてしまう可能性がある

悪質な退職代行業者が増えつつある

 

ここでは、退職代行を利用するデメリットについて見ていきたいと思います。

 

退職代行サービスを利用するのに費用がかかる

退職代行サービスを利用するには費用がかかります。

退職代行サービスの料金相場は25,000円から30,000円が一般的です。これから仕事を辞めて、収入が減ってしまう人にとっては痛い出費だと考えられます。

 

しかし、退職代行サービスの利用をためらい、我慢してずっと同じ職場にいるという状況が続くと、精神的にもきついと思いますし、病気が長く続くことによって再就職にも影響が出ると思います。

 

脱力怠惰
高いけど、2〜3万で精神的な安定が得られるならいいよね!

 

>>> 退職代行サービスの料金相場と大手8社を徹底比較した記事はこちら

 

職場の人に悪い印象を与えてしまう可能性がある

退職代行サービスを利用すると決めて、急に次の日から出勤しなくなると、どうしても周囲の反応が気になってしまいますよね。

 

昭和世代の人からしたら、自分で意思を伝えず、辞める時に挨拶もしないような行動は、

常識がない」「無責任だ

と気に食わないと思う人もいるでしょう。

 

脱力怠惰
昭和の人は頭が硬い人が多いからなぁ

 

しかし、時代は本当に変わってきています。昔ならセクハラやパワハラなどが当たり前だったかもしれませんが、現代はそういったことも厳しく取り締まられていますし、SNSの普及によりそういった問題行動や発言をした人は世間から叩かれてしまいますよね。

 

退職代行も同じで、2018年頃から加速度的に広まっていったこのサービスもこういう時代背景があるからなのです。

 

その職場には戻る必要はないので、気にしないことが一番です!

 

職場の人に悪い印象与えたところでその職場には行かないのだから気にしないでOK

 

悪質な退職代行業者が増えつつある

デメリットとして一番厄介なのが、退職代行サービス業者の中にも悪質な業者が存在するということです。

 

2018年頃から退職代行が認知され始めて、需要も高まったことにより、多くの退職代行業者が現れました。やはりその中には、自分たちの利益ばかりを考えている悪質業者もいるのが現状です。

 

脱力怠惰
悪質な業者はどの業界にもいるんだなぁ

 

悪質な業者とは、

  • 弁護士資格を持っていない業者による弁護士法に違反したサービス
  • 退職が失敗した場合の返金がない
  • サービス料金の高額請求

 

といったものが考えられます。

 

後から知った場合に泣き寝入りしないで済むように、退職代行サービスを利用する前には確認が必要です。

 

>>> 悪質代行サービス業者を見分けるポイントはこちらをご覧ください。

 

退職代行の基本的な流れ

退職代行の流れ

実際に退職代行を利用する場合、どのような流れで行われるのでしょうか?

 

ここでは、退職代行の基本的な流れを解説します。

 

退職代行の基本的な流れは、
以下の5つのステップによって進行していきます。

 

  1. 退職代行会社へ相談・依頼
  2. 申し込み・料金支払い
  3. 担当者との情報共有・打ち合わせ
  4. 退職代行会社からの連絡を待つ
  5. アフターフォロー

 

では、それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

 

step
1
退職代行会社へ相談・依頼

まずは、退職代行会社へ相談・依頼をします。

 

LINEや電話、メールなどでの相談が可能ですが、一刻も早い対応を望むのであれば、電話が早いと思います。

 

LINEでも結構迅速な対応をしてくれる業者も多いのでLINEもおすすめです。気になる点や不安な点は最初のうちに確認しておくことをおすすめします。

 

また、退職代行サービスを利用するか迷っている方も相談は無料なのでお話を聞くだけでも考えが整理できると思います。

 

脱力怠惰
僕も問い合わせして不安なことを質問したよ!

 

step
2
申し込み・料金支払い

相談が終わって、サービス内容に同意できたら、申し込み・料金の支払いを行います。

 

退職代行サービスでは料金は前払いが一般的です。

なので、万が一退職失敗した時に、返金保証があるのかどうかということは事前に確認しておきましょう。

 

返金保証がついているのかどうかを確認しておくことが大事!

 

支払い方法は、主に銀行振り込みクレジットカード払いとなります。業者によっては、その他電子マネーでの支払いも可能となっている場合もあります。

 

退職代行のサービスが開始されるのは、振り込み完了が確認できてからとなります。なので、即日対応してもらいたくても銀行振り込みにしてしまうと、曜日や時間帯によって「翌営業日」に振り込まれる可能性があり、即日対応が不可になってしまう場合もあります。

 

即日退職を望む場合は、すぐに決済ができるクレジットカード払いをすることをおすすめします。

 

クレジットカード払いが一番早くて安心!

 

step
3
担当者との情報共有・打ち合わせ

次に担当者と情報の共有・打ち合わせを行います。

必要となる情報は、

  • 依頼主の情報(名前、年齢、電話番号、退職理由など)
  • 勤めている会社の情報(会社名、電話番号、勤続年数、雇用形態など)
  • 退職代行を決行する日時
  • 退職希望日
  • その他交渉してほしい内容(退職金、有給消化、発行書類など)

 

などが挙げられます。

 

step
4
退職代行会社からの連絡を待つ

打ち合わせが完了したら、依頼者がすることはなく、業者からの経過報告や完了報告などを待つのみです。

 

たまに、1回で退職が認めてもらえない場合があり、複数回の連絡が必要となる場合もありますが、依頼者がすることはないので、全て代行業者に任せて大丈夫です。

 

退職代行業者から退職完了の報告が来たら、退職届や退職にかかる手続きを行っていきます。この際も会社に行くことはなく、基本的には郵送での書類発送となりますのでご安心ください。

 

脱力怠惰
郵送でのやりとりならいいね!

 

書類に不備がなければ、これで完全に退職完了となります。

 

step
5
アフターフォロー

退職代行業者によっては、アフターフォローを行っている場合も多いです。退職した後も会社から連絡がかかってくる場合は相談しましょう。

 

また、転職支援を行っている業者も少なくありません。実際に転職支援を受けて、転職が成功すると、キャッシュバックをもらえる場合もあり、

 

退職代行サービスの料金が実質タダとなる場合もありますので、活用できるものはぜひ活用しましょう!

 

ココがおすすめ

転職サービス付きで、転職成功したらキャッシュバックされる業者もある!

 

退職代行を利用する際の注意点やリスクとは?

退職代行サービスの利用を検討する際には、リスクがあるのかどうかが気になりますよね。

 

ここでは、退職代行サービスを利用するときに考えられるリスクや注意点についてご紹介していきます。

 

退職代行サービス利用時のリスク

会社からの嫌がらせ

損害賠償請求される可能性

退職代行の失敗

 

会社からの嫌がらせ

退職代行を利用する場合に、勤めていた会社側から委任関係や代理関係を確認できないという理由で退職処理を拒否されてしまう場合があります。

 

脱力怠惰
退職拒否されることもあるの?意地悪すぎる

 

民間の退職代行業者では対応できない場合もあるためこういった交渉や協議にも対応できる、弁護士が運営している退職代行業者に依頼するのがいいでしょう。

 

弁護士が運営している退職代行業者なら法律に則って交渉もしてもらえるので安心!

 

損害賠償請求される可能性

ごく稀に損害賠償請求を受けることがあります。と言っても、これはほとんどが会社側による脅しというだけで実際に訴訟になることはほぼありません。

 

損害賠償請求をするには正当な根拠が必要な上、お金もかかるので簡単にはできないのです。

 

ただし、突然の退職により会社に多大な損害が生じたり、他の社員の引き抜きを行なった場合は損害賠償請求の対象となる可能性が高いです。

 

これは、退職代行を利用する以前の問題となりますので、雇用契約の違反にならないかということはしっかり確認する必要があります。

 

【2022年最新】退職代行ランキングTOP3

2022年現在、退職代行サービスが数多く存在しています。どこの業者を選んだらいいか迷う人も多いでしょう。

退職代行大手8社徹底比較
【2022年最新】退職代行の料金相場は27000円!退職代行大手8社を徹底比較!

続きを見る

脱力怠惰
おすすめの退職代行業者が知りたい!

 

ということで、失敗しない退職代行サービス業者を選ぶために、厳選した3社のみをピックアップしました!

 

退職代行サービスを選ぶ際には、以下の3つのポイントが重要です。

 

  • 価格帯は適正か?
  • 退職代行業者が「民間」「労働組合」「弁護士」のどれに該当するか?
  • 信頼できる業者か?実績はどれくらいあるのか?

 

これらを加味して、私が選ぶおすすめの退職代行業者TOP3をご紹介します。

 

1位:退職代行SARABA

退職代行SARABA

退職代行SARABAは、24時間365日いつでも相談できて即日退職の連絡も可能。労働組合が運営しているため、会社との交渉も任せてOK!料金も24,000円と相場より少し安い金額で、退職できない場合は返金保証がついているので安心です。

 

2位:退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンは、一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織です。簡単に低費用で確実な退職がしたい20代におすすめの退職代行です。

 

3位:弁護士法人みやび

弁護士法人みやび

弁護士法人みやびは、その名の通り、弁護士が代理人として退職代行にあたってくれますので、会社に対して交渉や請求はもちろん、万一の訴訟にも対応してくれます。基本料金は55,000円と相場よりも高い金額ではありますが、「公務員」などの退職代行の利用が難しい状況でも対応してくれますので安心感はどの業者よりもあるでしょう。

 

-ぼっちの悩み